5月 14th, 2018

回遊型動線の和室

我が家に設けた和室は、動線を2方向確保して回遊型の動線を確保しました。行き止まりのない回遊型動線は、住宅内の動きをよりスムーズにしてくれ、和室をより多目的に利用できる便利な空間となっているのです。

まずは、リビングからの動線です。一体感のあるLDKに隣接する形で設けられた和室は、普段は建具で仕切らずリビングの延長として多目的に利用できる空間です。子ども達が遊んだり、お昼寝をしたり、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと家事を行うスペースとしても利用しています。

建具で仕切れば宿泊ルームとしても利用させることができます。リビングからの動線に加えて、玄関ホールからの動線も確保しました。時に生活感で溢れてしまいがちなリビングを見られたくないお客様を家にお通ししなければならないこともあります。この場合、この和室を客間としても利用できるように玄関から直接和室へ出入りできる動線を確保したのです。客間として利用する場合は、リビングとの境の建具を仕切っておけば、リビングを見られることなく和室へ案内できます。お客様に関係のない家族は通常通りリビングで過ごすこともできるのです。和室への動線を2方向から得たことで幅広い利用法ができる和室はとても便利でなくてはならない空間となっています。

Tags: