6月 14th, 2018

平屋住宅

平屋住宅で希望の間取りを実現するとなるとある程度の土地の広さが求められます。しかし、平屋住宅は老若男女問わず暮らしやすい住まいであると言えるのです。近年、平屋住宅を希望する人も増えていると聞きます。平屋住宅の最大の魅力は、階段が必要ないことです。階段がないことで住宅内の安全性が高まります。住宅内の事故で多いのが、階段での転倒や落下事故です。階段がない平屋住宅はこのような事故の心配がないのです。

また、階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。このデッドスペースを上手に利用しないと住宅の不満となって出てきます。階段を設けない平屋住宅は、デッドスペースを生むこともありませんし、階段がない分間取りをコンパクトにすることもできますし、収納スペースを増やすこともできるのです。空間を有効活用させやすいのです。

そして、何より住宅内の動線がコンパクトになります。部屋から部屋への移動の際に階段を必要としません。階段があるとどうしても動線が長くなってしまいますし、体にも負担がかかります。平屋住宅は、階段がないので移動距離が短く、階段を上り下りする必要がないので体に負担もかかりません。ワンフロアの住まいは、自然とリビングに家族が集まってきやすく、家族のコミュケーションを大事にできます。互いの気配を身近に感じられることで安心感も得られます。

また、二階建て住宅に比べ高さが低いため、構造的に強く、台風や地震時にも危険が少なくなります。天井高を活かして広々と開放感に溢れたLDKにすることもでき魅力に溢れた住まいを実現できることでしょう。住宅を計画する際には平屋住宅にも注目してみるといいと思います。

Tags: